2017年11月14日 (火)

会員募集

2018年度 採集友の会員  入会金 3000 円      年会費 10000円      採集友の会員とは私・柿澤と携帯番号、メールアドレスを交換し、年間、特に3月下旬から9月下旬のシ―ズン中は毎週、各種の発生、個体数、発生産地など分かる範囲で最新詳細情報をメールにて提供。また、採集計画の相談や採集地からの種類別の活動時間、ピンポイント採集地、周辺転戦産地なども携帯でリアルタイムでのお問い合わせも可能です。        特別終身会員 会費 150000円年会費、更新はありません。 特別会員は私の発行している採集・観察マップなどに記載されていない、稀少種や極秘生息地など採集したい蝶の生息地を詳細な手書きマップで提供。時間の都合がつくときは同行案内も可能です。情報提供などは採集友の会員に自動的に会員扱いとなりますのでメールにて提供。また、私発行の関東甲信越の蝶採集・観察マップは無料にて進呈。現在過去発行の在庫6冊程度も、これから発行の新刊も全て進呈。今までに採集・観察マップ購入の方は5冊分まで差し引きます。たとえば過去に3冊購入の方は150000―30000=120000円が入会金となります。      採集友の会員、特別終身会員 入会希望の方は郵便振替の振替用紙備考欄に申し込み会員、携帯番号、メルアドを明記してください。 郵便振替 00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美    お問い合わせなどは090*9209*6702 柿澤まで。

2017年11月12日 (日)

まだシ―ズン中の八重山諸島採集情報。今年もマルバネルリマダラは石垣島、西表島で採集可能。ウスアオオナガシジミ生息地の西表島白浜は昨年大発生も今年は極端に個体数が少ない。この地はテツイロビロ―ドセセリも生息地であるが、幼虫を探すもデリスの葉を折りたたんだ巣のなかでは連日の雨で水死している弱齢幼虫が非常に多く、この種も昨年に比べるとやはり個体数は少ない。ただ今年はシロウラナミシジミが白浜だけでなく大富林道でも発生している。大富林道ではリュウキュウウラボシシジミやマルバネルリマダラはタイミングか良いとネットインのチャンスがあるが、狙いたいのはクロアゲハ。今年も尾無しクロアゲハが希にみられる。石垣島では放置されたウコン畑でシロウラナミシジミとウスアオオナガシジミが発生し、この2種は西表島よりはるかに石垣島のほうが個体数ま多く、容易に採集できるが西表島の個体と比較して、小型化は否めない。また、今年は石垣島でテツイロビロ―ドセセリが久しぶりに発生しているのも特筆ものである。ホリイコシジミも局地的ではあるが個体数は多く、ルリウラナミシジミは蒸れている状況で、タイミングがよいとルリウラナミ柱やオジロシジミ柱が見られることもある。昨年までまだまだ好採集地であった川平は2020年オ―プンのホテル工事が本格化し、一帯広範囲に伐採、ブルでの地面掘り起こしなど見る影もないほど無惨な姿をさらしている。本州での採集をという人は静岡県藤枝市周辺ではサツマシジミも採集可能である。家の周辺でという方が狙って面白いのはモンキチョウとヤマトシジミ。11月のモンキチョウは著しく黒化が進んだ個体が、また、ヤマトシジミは表面が真っ黒な♀がこの時期には極端に青鱗が発達した個体が現れる。  お知らせ。今週16日木曜日は月例の懇親会開催日です。来年度の採集計画や採集地の案内を始め、蝶談義で秋の夜グラスを傾けながら蝶談義で盛り上がりませんか❗6時より随時ご来店頂けます。皆さまとお会いできることを楽しみにお待ちしています。

2017年11月10日 (金)

12日、日曜日11時より18時に標本、文献販売。採集地、採集計画、各会員申し込みなどなんでも相談会を開催致します。来年度の採集地、採集時期、など何でも情報提供できます。チョウセンアカシジミの卵なども在庫ありますのでぜひお立ち寄りください。 また、2018年度の採集ツアー❗⭕宮古島採集ツアー、ジャコウアゲハ宮古亜種ほか春型アゲハ類五目採り・1月26日~28日 15万円 ⭕マレーシア・ランカウイ島採集ツアー❗ 3月3日より3月11日 30万円 ⭕奄美大島の採集ツアー❗ イワカワシジミ、アオバセセリ、アゲハ類ほか五目採り 18万円 ⭕フタオチョウ観察・リュウキュウウラボシシジミほか春型アゲハ類など五目採りツアー❗ 3月30日より4月1日 18万円 など春先の採集ツアーは申し込みを開始しています。参加費用には航空券、ホテル、採集車、飲食物など個人的な買い物以外は全て含みます。航空便を使用するツアーのため参加希望者はお早めの申し込みをお願いいたします。詳細お問い合わせは柿澤まで。090*9209*6702 申し込みは郵便振替00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美  三菱東京UFJ 目白支店 普通 3554479 柿澤清美 銀行振り込みの場合は必ずメールにてお知らせください。

2017年11月 7日 (火)

会員募集

2018年度 採集友の会員  入会金 3000 円      年会費 10000円      採集友の会員とは私・柿澤と携帯番号、メールアドレスを交換し、年間、特に3月下旬から9月下旬のシ―ズン中は毎週、各種の発生、個体数、発生産地など分かる範囲で最新詳細情報をメールにて提供。また、採集計画の相談や採集地からの種類別の活動時間、ピンポイント採集地、周辺転戦産地なども携帯でリアルタイムでのお問い合わせも可能です。        特別終身会員 会費 150000円年会費、更新はありません。 特別会員は私の発行している採集・観察マップなどに記載されていない、稀少種や極秘生息地など採集したい蝶の生息地を詳細な手書きマップで提供。時間の都合がつくときは同行案内も可能です。情報提供などは採集友の会員に自動的に会員扱いとなりますのでメールにて提供。また、私発行の関東甲信越の蝶採集・観察マップは無料にて進呈。現在過去発行の在庫6冊程度も、これから発行の新刊も全て進呈。今までに採集・観察マップ購入の方は5冊分まで差し引きます。たとえば過去に3冊購入の方は150000―30000=120000円が入会金となります。      採集友の会員、特別終身会員 入会希望の方は郵便振替の振替用紙備考欄に申し込み会員、携帯番号、メルアドを明記してください。お問い合わせなどは090*9209*6702 柿澤まで。

関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25

まだ申し込みに余裕分があります。             関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25 全 45産地以上。 2018年度新刊 予約受け付け中‼ 限定100部につき申し込み数完了時にて予約販売は終了致しま
す。            記載詳細内容 ギフチョウ、ウラクロシジミ=新潟県十日町市=白いギフチョウ生息地。   ギフチョウ=新潟県上越市=多産地。            ギフチョウ=長野県木島平村/コズメアカオビ型生息地。   ギフチョウ=イエローテール狙い場所、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ=長野県栄村  ヒメギフチョウ・トラフシジミ=長野県辰野町。      ツマグロキチョウ・クロシジミ=静岡県富士宮市。     ヒサマツミドリシジミ=静岡県静岡市。          キリシマミドリシジミ・ヒサマツミドリシジミ=静岡県藤枝市。            アイノミドリシジミ・アサマシジミ・ウラジャノメ=山梨県都留市。           サツマシジミ・ミヤマカラスアゲハ=静岡県藤枝市。    アサマシジミ観察=長野県白馬村。            アサマシジミ=山梨県富士河口湖。            アサマシジミ=長野県茅野市。シルビアシジミ=山梨県富士河口湖町。          ミヤマシジミ・クロツバメシジミ=長野県松本市。     ウラクロシジミ・ウラキンシジミ・ヒオドシチョウ=新潟県小千谷市。          ムモンアカシジミ・ミヤマカラスアゲハ、ギフチョウ=新潟県津南町。          オオゴマシジミ・オオウラギンスジヒョウモン=長野県栄村。キマダラルリツバメ観察・トラフシジミ=福島県三島町6産地。            ゴマシジミ観察・ヤマキチョウ=山梨県笛吹市。      ゴマシジミ観察・オオイチモンジ観察=長野県松本市。   ウラジロミドリシジミ・クロシジミ観察=長野県白馬村。  ゴマダラチョウ・ホシミスジ・ミドリシジミ=埼玉県浦和市。スミナガシ=新潟県みなかみ市。            オオムラサキ=千葉県四街街道市。            キベリタテハ・エルタテハ=長野県佐久市。        キベリタテハ・アサギマダラ=長野県栄村。        ヒメシロチョウ・ムモンアカシジミ・オナガシジミ=山梨県小淵町。           ミヤマカラスアゲハ・カラスアゲハ・ギフチョウ=長野県栄村。            ナガサキアゲハ♀班紋消滅型、サツマシジミ・カラスアゲハ=静岡県藤枝市。       ベニヒカゲ=新潟県谷川岳。 大型ウラジャノメ=群馬県神流町。            ツマジロウラジャノメ・ミヤマシロチョウ観察・クモマツマキチョウ=山梨県南アルプス市。ツマジロウラジャノメ・クモマツマキチョウ観察=長野県富士見町。           クモマツマキチョウ観察=長野県伊那市。         ヒメキマダラヒカゲ・ウラジャノメ阿武隈亜種=福島県いわき市周辺。          クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ観察=長野県茅野市。    ベニシジミ白化型・シルビアシジミ・ツマグロキチョウ・ミヤマシジミ=栃木県宇都宮市。 チヤダラセセリ=山梨県富士河口町。           クロヒカケモドキ・ツマジロウラジャノメ=栃木県足尾市。 オオゴマシジミ=福島県檜枝岐村。            クロミドリシジミ・オオムラサキ=山梨県須玉町。     ウラキンシジミ・ほかゼフ=山梨県大和村。        チョウセンアカシジミ=新潟県長岡市。            メスアカミドリシジミ・ほかゼフ類=山梨県甲州市。    ルーミスシジミ・ムラサキシジミ・ウラギンシジミ=千葉県君津市。           チャマダラセセリ=山梨県富士河口湖町。         オオムラサキ・ウラナミアカシジミ・アカシジミ=千葉県四街道市。           ヤマキチョウ・ミヤマシロチョウ観察=長野県茅野市             ムモンアカシジミ・ミヤマカラスアゲハ=群馬県みなかみ市 ベニシジミ白化型・以下、地域指定採集禁止区域あり、ツマグロキチョウ・シルビアシジミ・ミヤマシジミ=栃木県宇都宮市。早期予約申し込み者の記載希望種類も含めましたが以前記載した産地も一部含み、40新産地記載。以上記載予定。   現地下見中の産地もあり、内容が多少異なる可能性があることをご了承ください。発行は2018年2月予定。定価 10000円 申し込み方法 郵便振替 00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美 お問い合わせは090*9209*6702 柿澤まで

2017年10月30日 (月)

関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25

関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25 全 45産地以上。 2018年度新刊 予約受け付け中‼ 限定100部につき申し込み数完了時にて予約販売は終了致しま
す。            記載詳細内容 ギフチョウ、ウラクロシジミ=新潟県十日町市=白いギフチョウ生息地。   ギフチョウ=新潟県上越市=多産地。            ギフチョウ=長野県木島平村/コズメアカオビ型生息地。   ギフチョウ=イエローテール狙い場所、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ=長野県栄村  ヒメギフチョウ・トラフシジミ=長野県辰野町。      ツマグロキチョウ・クロシジミ=静岡県富士宮市。     ヒサマツミドリシジミ=静岡県静岡市。          キリシマミドリシジミ・ヒサマツミドリシジミ=静岡県藤枝市。            アイノミドリシジミ・アサマシジミ・ウラジャノメ=山梨県都留市。           サツマシジミ・ミヤマカラスアゲハ=静岡県藤枝市。    アサマシジミ観察=長野県白馬村。            アサマシジミ=山梨県富士河口湖。            アサマシジミ=長野県茅野市。シルビアシジミ=山梨県富士河口湖町。          ミヤマシジミ・クロツバメシジミ=長野県松本市。     ウラクロシジミ・ウラキンシジミ・ヒオドシチョウ=新潟県小千谷市。          ムモンアカシジミ・ミヤマカラスアゲハ、ギフチョウ=新潟県津南町。          オオゴマシジミ・オオウラギンスジヒョウモン=長野県栄村。キマダラルリツバメ観察・トラフシジミ=福島県三島町6産地。            ゴマシジミ観察・ヤマキチョウ=山梨県笛吹市。      ゴマシジミ観察・オオイチモンジ観察=長野県松本市。   ウラジロミドリシジミ・クロシジミ観察=長野県白馬村。  ゴマダラチョウ・ホシミスジ・ミドリシジミ=埼玉県浦和市。スミナガシ=新潟県みなかみ市。            オオムラサキ=千葉県四街街道市。            キベリタテハ・エルタテハ=長野県佐久市。        キベリタテハ・アサギマダラ=長野県栄村。        ヒメシロチョウ・ムモンアカシジミ・オナガシジミ=山梨県小淵町。           ミヤマカラスアゲハ・カラスアゲハ・ギフチョウ=長野県栄村。            ナガサキアゲハ♀班紋消滅型、サツマシジミ・カラスアゲハ=静岡県藤枝市。       ベニヒカゲ=新潟県谷川岳。 大型ウラジャノメ=群馬県神流町。            ツマジロウラジャノメ・ミヤマシロチョウ観察・クモマツマキチョウ=山梨県南アルプス市。ツマジロウラジャノメ・クモマツマキチョウ観察=長野県富士見町。           クモマツマキチョウ観察=長野県伊那市。         ヒメキマダラヒカゲ・ウラジャノメ阿武隈亜種=福島県いわき市周辺。          クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ観察=長野県茅野市。    ベニシジミ白化型・シルビアシジミ・ツマグロキチョウ・ミヤマシジミ=栃木県宇都宮市。 チヤダラセセリ=山梨県富士河口町。           クロヒカケモドキ・ツマジロウラジャノメ=栃木県足尾市。 オオゴマシジミ=福島県檜枝岐村。            クロミドリシジミ・オオムラサキ=山梨県須玉町。     ウラキンシジミ・ほかゼフ=山梨県大和村。        チョウセンアカシジミ=新潟県長岡市。            メスアカミドリシジミ・ほかゼフ類=山梨県甲州市。    ルーミスシジミ・ムラサキシジミ・ウラギンシジミ=千葉県君津市。           チャマダラセセリ=山梨県富士河口湖町。         オオムラサキ・ウラナミアカシジミ・アカシジミ=千葉県四街道市。           ヤマキチョウ・ミヤマシロチョウ観察=長野県茅野市             ムモンアカシジミ・ミヤマカラスアゲハ=群馬県みなかみ市 ベニシジミ白化型・以下、地域指定採集禁止区域あり、ツマグロキチョウ・シルビアシジミ・ミヤマシジミ=栃木県宇都宮市。早期予約申し込み者の記載希望種類も含めましたが以前記載した産地も一部含み、40新産地記載。以上記載予定。   現地下見中の産地もあり、内容が多少異なる可能性があることをご了承ください。発行は2018年2月予定。定価 10000円 申し込み方法 郵便振替 00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美 お問い合わせは090*9209*6702 柿澤まで

2017年10月24日 (火)

忘年会のお知らせ‼

ちょっと気が早いかと思われるでしょうが忘年会のお知らせです。今から予定に組み込まれ是非参加下さいます様宜しくお願い致します。日時=12月2日 13時より18時30分 会場=なでしこ 豊島区池袋2-4-6 徳永第3ビル 2階 会費=6000円 19時より同会場にて2次会も開催いたします。     忘年会= 自己紹介、2017年度の採集状況、抽選会、産地案内、オークションほか。オークションにはどなたでも出品できます。標本、生き物、文献など昆虫関係のものならなんでも出品可能です。[ワシントン条約、国の天然記念物など条例で禁止されている物は出品不可です] オ―クションにはどなたでも出品できます。標本などは販売単位で小箱に分け、出品品名、出品底値、出品者名を明記してください。出品者は時間の調整がありますので大体の数量を事前に連絡下さい。  採集自慢、失敗話、2018年度の採集計画など蝶談義で。また、新しい仲間との出会いなど盛り上がりませんか。皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしています。当日飛び入りでもかまいませんが、抽選会の景品、料理の準備もありますので参加可能な方は連絡頂けると助かります。参加、詳細お問い合わせは柿澤まで。090*9209*6702

2017年10月22日 (日)

2018年度ニュースベストテン

第1位=北海道オオイチモンジ♀の大量発生。大雪山山麓では何十年に有るか無いかという♀の大発生で三桁採集も可能なほどの個体数であった。    第2位=長野県南信濃のベニモンカラスシジミは5月上旬から発生が始まり、近年稀なほどの個体数であった。      第3位=伊那谷のキマダラルリツバメは5月初旬から発生が始まり、6月初旬まで新鮮個体が採集できるほど個体数が多かった。            第4位=山梨県のヒョウモンモドキ生息確認。数年前から個体数は少ないもの発生を繰返しているこの種は今年も観察することができた。環境の良い伐採地ができれば近年大発生の予感も。 第5=長野県秋山郷のギフチョウ、イエローテ―ル多数。昨年に比べて極端に発生の遅れた秋山郷では各生息地で発生初期に出会い、イエローテ―ルが11匹ネットインという大当たり。 第6=新潟県でオオルリシジミ新産地発見。飛び火的に生息地を広大しているこの種の新生息地の発見ができた。      第7=2年ほど極端に個体の少なかったオオゴマシジミは秋山郷や安房峠周辺の生息地は今年かなりの個体数がみられ、復活傾向が強く、来年度はさらに期待できるかと。       第8= オオゴマシジミ同様に数年前から目撃すら難しかったキベリタテハも復活傾向にあり、大菩薩山系などのほか、特に八ヶ岳、北八ヶ岳山麓では二桁採集も可能なほど発生していた。第9位=山梨県でアサマシジミの新生息地を発見。幼虫採集で何処の生息地も個体数が激減しているこの種の生息地を山梨県で3ヶ所発見した。   第10位=沖縄本島のリュウキュウウラボシシジミは以前比地の滝周辺しか生息しないという珍品であったが、大国林道や饒波など各地で私が生息地を発見し、採集確立が高くなったが、今年は個体数の多い新生息地の発見ができた。       会員募集。         採集友の会員=入会金 3000円年会費=10000円  採集友の会員とは私、柿澤と携帯番号、Eメールを交換し、シ―ズン中は毎週各発生状況、個体数、発生地などの最新情報をメールにて提供。さらに採集計画、採集地からのピンポイントや転戦産地などの問い合わせがリアルタイムでできます。      特別会員=入会費 150000円 永久生涯会員で年会費などはありません。特別会員は私の採集・観察マップなどに記載されていない極秘生息地など、私が把握している生息地の手書きマップを進呈し、採りたい種類をネットインしていただいています。さらに私発行の蝶関係の書籍、採集・観察マップなどを現在在庫のある書、これから発行される新刊など進呈。特別会員は採集友の会も入会扱いとなります。今まで採集・観察マップを購入されている方は最大5冊分まで値引き対象としています。 例として3冊購入されている方は 150000―30000=120000円ということになります。     申し込みは郵便振替でお願いいたします。00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美 振り込み用紙備考欄に入会会員、携帯番号、メールを明記して下さい。

2017年10月16日 (月)

標本販売会&何でも相談会

今週末の21日、22日土日は12時より店内にて標本販売と産地案内や来年度の採集計画の相談などお気軽にお立ち寄りください。多少の飲食も用意してあります。また、各会員申し込みや採集・観察マップ新刊の予約も受け付けております。

2017年10月15日 (日)

関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25

関東甲信越の蝶採集・観察マップ Vol.25 全 45産地以上。 2018年度新刊 予約受け付け中‼ 限定100部につき申し込み完了時にて予約販売は終了致します。       記載詳細内容 ギフチョウ、ウラクロシジミ=新潟県十日町市=白いギフチョウ生息地、ギフチョウ=新潟県上越市=多産地、ギフチョウ=長野県木島平村/コズメアカオビ型生息地・イエローテール狙い場所、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ=長野県栄村・ヒメギフチョウ=長野県辰野町、ツマグロキチョウ・クロシジミ=静岡県富士宮市、ヒサマツミドリシジミ=静岡県藤枝市、キリシマミドリシジミ=静岡県藤枝市・アイノミドリシジミ=山梨県都留市、サツマシジミ・ミヤマカラスアゲハ=静岡県藤枝市、アサマシジミ観察=長野県白馬村・アサマシジミ=山梨県富士河口湖町、アサマシジミ=長野県茅野市、シルビアシジミ=山梨県富士河口湖町・ミヤマシジミ・クロツバメシジミ=長野県松本市、ウラクロシジミ・ウラキンシジミ・ヒオドシチョウ=新潟県小千谷市、ムモンアカシジミ・ミヤマカラスアゲハ、ギフチョウ=新潟県津南町、オオゴマシジミ・オオウラギンスジヒョウモン=長野県栄村、キマダラルリツバメ観察・トラフシジミ=福島県三島町6産地、ゴマシジミ観察=山梨県笛吹市、ゴマシジミ観察・オオイチモンジ観察=長野県松本市、ウラジロミドリシジミ・クロシジミ観察=長野県白馬村、ゴマダラチョウ・ホシミスジ・ミドリシジミ=埼玉県浦和市、スミナガシ=新潟県みなかみ市・オオムラサキ=千葉県千葉市、キベリタテハ・エルタテハ=長野県佐久市・キベリタテハ・アサギマダラ=長野県栄村、ヒメシロチョウ=山梨県小淵沢町、ミヤマカラスアゲハ・カラスアゲハ=長野県栄村・ナガサキアゲハ♀班紋消滅型、サツマシジミ・カラスアゲハ=静岡県藤枝市、ベニヒカゲ=新潟県谷川岳、大型ウラジャノメ=群馬県神流町・ツマジロウラジャノメ・ミヤマシロチョウ観察=山梨県南アルプス市・ツマジロウラジャノメ・クモマツマキチョウ観察=長野県富士見町、クモマツマキチョウ観察=長野県伊那市、ヒメキマダラヒカゲ・ウラジャノメ阿武隈亜種=福島県いわき市周辺、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ観察=長野県茅野市、ベニシジミ白化型、シルビアシジミ、ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ=栃木県宇都宮市、チヤダラセセリ=山梨県富士河口町、クロヒカケモドキ、ツマジロウラジャノメ=栃木県足尾市、オオゴマシジミ=福島県檜枝岐村、クロミドリ・オオムラサキ=山梨県須玉町、ウラキンシジミ・ほかゼフ=山梨県大和村、チョウセンアカシジミ=新潟県長岡市、早期予約申し込み者の記載希望種類も含めましたが以前記載した産地も一部含みます。振り替え用紙に記載希望種類を明記され申し込みください。全45産地以上記載予定。発行は2018年2月予定。定価 10000円 申し込み方法 郵便振替 00130*8*705787 蝶屋 柿澤清美 お問い合わせは090*9209*6702 柿澤まで

«サイタマミドリ様