2020年9月27日 (日)

シロウラナミシジミ

この種は台湾からの迷蝶であり、その後八重山諸島で発生縦続。沖縄本島でも発生縦続も、以北の記録は奄美大島で1998年1♀、宮崎県延岡市で1986年1♂。となっているが奄美大島には局地的ではあるが個体数の多い生息地が2ヶ所ある。奄美大島と言えばアカボシゴマダラ、最近でこそフタオチョウと狙いを絞っての採集が多いと思われ、大半が採集地を絞りこんでの採集ではないだろうか。ということは採集者が立ち入らない地域も多くあると思われる。奄美大島にはナガサキア有尾型、アサギマダラの本州からの飛来個体なども狙え、スミナガシ、イワカワシジミ、オオシロモンセセリ、アオバセセリなどの多産地。特に希少なのはツマベニチョウ。ツマベニチョウ自体は島全域広範囲に生息している。特異な1生息地のみであるが、真夏でも低温期型以上に黒化が著しい個体群を産する生息地がある。とにかく黒い。♀などはこれで低温期型になったら真っ黒になるのでほないかと思われるはどの黒さである。また、春1化のミカドアオハ。全ての個体ではないが大型で裏面が黄金色に輝き覆われる個体が稀に出現する。私はゴールドミカドと呼んでいるほど見事な個体である。などなど奄美大島の魅力を書き出すと切がない。シロウラナミシジミの食草はミョウガ科の植物であるが、ウコンを主食としている石垣島、シュクシャを主食としている西表島とでは個体の大きさが異なり、全体的にシュクシャを食している方が大型化する傾向が強く見受けられる。最近は西表島、白浜の生息地は墓地周りで、採集者が墓地内を歩き回ることが原因かは定かではないが周辺の食草は大半刈取られてしまい、個体数は激減している。奄美大島での私は一般採集者が立ち入らない地域での採集が多く、このシロウラナミシジミ生息地も探索時に偶然発見した場所でおる。局地的ではあるがシュクシャが群生し、シロウラナミシジミの多さに唖然とした程である。さらに驚いたのは大型個体の多さ。個体群全体の大きさでは西表島など足元にも及ばない程である。私の店では奄美大島ツアーを年2〜3回開催しているがこの種のネットインには思わぬ福産物に大喜びしている参加者も多い。

2020年9月26日 (土)

新刊採集観察マップ早期購入予約

関東甲信越の蝶採集、観察マップ 2021年度 Vol.28 全30産地 採集、観察資料付き。定価 10000円 限定部数。  ギフチョウ、長野県栄村秋山郷.新産地。ギフチョウ、長野県木曽福島。ギフチョウ、イエローバンドピンポイント長野県開田村。ヒメギフチョウ、長野県諏訪市
。クモマツマキチョウ観察、長野県飯田市。ミヤマカラスアゲハ、クモマツマキチョウ観察、山梨北杜市。ミヤマカラスアゲハ、ムモンアカシジミ新潟県津南町。ウスバシロチョウ黒化型、福島県三島町。キマダラルリツバメ、ハヤシミドリシジミ、長野県大桑村。ヒメシロチョウ、アサマシジミ、山梨県須玉町。メスアカミドリシジミ、ウラキンシジミ、長野県茅野市。メスアカミドリシジミ、福島県猪苗代町。ホソオチョウ、クロツバメシジミ、山梨県御沢町。コヒョウモンモドキ、ウラジャノメ、フタスジチョウ、長野県茅野市。ミヤマシジミ、ジャノメチョウ、ホシミスジ、長野県松川町。クロコムラサキ、ミヤマシジミ、シルビアシジミ、栃木県宇都宮市。カラスシジミ、神奈川県藤野町。スミナガシ、オナガアゲハ、長野県穂高町。ミヤマチャヤバネセセリ、キベリタテハ、山梨県大和町。ヤマキチョウ、ゴマシジミ観察、山梨県笛吹市。コヒョウモンモドキ、ウラジャノメ、長野県塩尻市。ウラジャノメ、フタスジチョウ、長野県茅野市。クロシジミ、新潟魚沼市。キベリタテハ、裏面変異シータテハ、群馬県みなかみ町。キベリタテハ、エルタテハ、福島県桧枝岐村。ヤマウラギン、サトウラギンヒョウモン、ヒメヒカゲ観察、長野県岡谷市。ツマジロウラジャノメ、山梨県北杜市。オオイチモンジ、オオゴマシジミ、長野県栄村秋山郷。ベニヒカゲ、オオゴマシジミ、新潟県湯沢町。オオゴマシジミ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、福島県桧枝岐村。  採集観察資料、ミヤマシロチョウの習性、観察。新潟県のオオルリシジミの習性、採集法ほか。 早期購入10月末までの申し込み者には福島県柳津町のキマダラルリツバメ全生息地マップ。静岡県焼津市のサツマシジミピンポイントマップ。奄美大島のフタオチョウ生息地マップ。の中から希望マップ1部を進呈。申し込みは郵便振替00130.8.705787蝶屋、柿澤清美お問い合わせは090.9209.6702柿澤まで。

2020年9月25日 (金)

ツマグロキチョウ

これから本格的なシーズンを迎えるツマグロキチョウ。秋が深まると赤黄色い個体が多くなるが、秋が深まると活動も活発でなくなる。ツマグロキチョウと言うと裏面の赤黄色い固体を求める人が大半だと思われますがこの種は一般的に思われている以上に個体変異が多い。誰もが気がつく裏面の色。飛翔時からひと目で分かる限りなく白い個体からはじまり極端に赤黄色い個体まで。採集者が意外とネットインしないのがこの白っぽい個体である。この白っぽい個体に個体変異が隠されている。上翅表面先端の黒色班。この黒色班に白いラインがはいるのがこの白い個体である。私はこの個体をライン入りツマグロキチョウと呼んでいるが、このラインの入り方が様々て、極端には黒色班が消滅してしまう無紋型からはじまり、1本の白ラインから最高4本まで。さらに黒色班の消滅も段階がある。ツマグロキチョウは多産地も多く、裏面の色でネットインをされる方は多いだろうが、狙い目の個体でなくても一応ネットインして確認してみる価値はある。これから秋が深まるとツマグロキチョウも活動が鈍くなるが、草ちやススキなどを軽く叩くと飛び出してくる。また、この時期同地にはキタテハも多く、秋のキタテハは裏面の色彩が極端に異なるのでネットインしてみたい。

2020年9月20日 (日)

ウラギンヒョウモン

ヤマトスジグロシロチョウ、…キタキチョウ、ヒメシルビアシジミ、さらにエゾウラギンヒョウモン、サトウラギンヒョウモン、ヤマウラギンヒョウモンなど新種が次々と発表されている。キタアカシジミから始まり、一見して見分けがつく人
が何人いるだろうか。蝶に目覚めた小中学生が図鑑を見て採集した蝶の名前が分からない。食草がちがう、生殖体が違うなど子供がわかるはずもなく、無理矢理ほんのわずかな違いを見出して新種にする。特にウラギンヒョウモンはこの程度で新種にすらなら他にも3タイプがある。さらに生息地が異なることもなく、サトウラギンもヤマウラギンも同一生息地に生息し、私の知見では亜種にも、生息地変異にもならず、単なる個体変異にすぎない。この程度の変異なら本州と北海道のオオイチモンジやコヒオドシ、秋山郷のホシミスジなどのほか、テングチョウ、オオウラギンヒョウモンなどいくらでもある。大人の売名行為とは云わないが、余りにもあら捜しに似たような僅かな違いを見いだしての新種。種類とは誰が見ても分かる違いがあってこその種類であるのではないかと私は考えるが。日本には新種として認定する組織もなく、国産種類数さえまちまちの状況である。このような状況では今後益々新種として発表されることだろう。前回も記したが蝶マニアは採集数に拘る人も多く、新種大歓迎の傾向も拍車をかけているのではないだろうか。

2020年9月14日 (月)

松島邦明様

新潟県でのアカボシゴマダラは私の知る範囲で過去に阿賀町、小千谷市と2件あり、今回が3回目だと思われます。アカボシゴマダラは確かに飛翔距離はかなりのものですが、途中がなくいきなり小千谷というのも。通常北上や南下する場合は線状での生息地拡大です。幼虫や蛹が容易に採集できることから庭先のエノキなとでの飼育、また、写真家には失礼な話ですが、最近より良いロケーションでの撮影のため、飼育をし、羽化直後の成虫を撮影場所に止まらせ撮影をしているといいう話をよく耳にします。さらに蝶マニアの多くは採集種類数に拘る人も多く、やたらと別種にする傾向があります。食性が違う、生殖体が違うなどで簡単に別種にと。アカボシゴマダラやホソオチョウの放蝶など賛否両論があると思いますが、基本的には賛成できません。特にギフチョウなど生殖地により変異のある種類はなおさらです。良い返事ができず申し訳ござません。追伸、コメントの場合、差し支えなければメルアドを明記して頂ければ直接返答できますのでよろしくお願い致します。

2020年9月 9日 (水)

キマダラヒカケモドキ

この種は広範囲に生息しているが、個体数が多く、狙って多数の個体がネットインできる生息地は限られてくる。長野県松原湖、芹ヶ沢、玉須のほか限られている。林内の空間や林縁などを活発に活動し樹液などに集まってくるが、オオムラサキなどと同じ生息地の場合は、樹液はオオムラサキに専有されている。この種で変わっているのは山梨県の北富士演習場の個体群である。他生息地の個体に比べ一回り大型で黄色班が濃く、見るからに別の個体群てあり、亜種扱いされてもおかしくない個体群である。さらには変わっているのはシシウドなどの花から吸蜜している個体も多い。北富士演習場でこの種を採集している方々は大半カシワの木を叩き、カシワに拘っているが、意外と周囲の草地にいる個体も多い。

2020年8月26日 (水)

Re:蝶標本展示販売会


今年は例年大手町での開催されているインセクトフェアが来年3月20日に延期になり、大宮で開催されていたインセクトカニバルは3月7日、浜松町の貿易センターに変更となりました。今年は大半の販売会が開催されないかと思われます。多くの方々からぜひ単独でも開催をとの要望があり、9月4日から6日の三日間、4日金曜日は12時から20時まで。5日土曜日と6日日曜日は11時から18時。蝶屋店内にて単独販売会を開催致します。3蜜を避けるため三日間開催とします。なお、さらに複数の人とは一緒になりたくないという方は、開催時間の前後でも対応致しますので前日にご連絡下さい。今年の採集品を含め、希少品、珍品など多数。通常の販売会には出品しないような標本も。また、2021年度の採集ツアー、採集地案内、そのほか各種情報提供なども。皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしています。お問い合わせは090.9209.6702柿澤まで。

2020年8月22日 (土)

ルーミスシジミ

関東甲信越地方では千葉県清澄山麓周辺のみに生息地が点在するこの種、梅雨明けと同時に発生木から離れ、集団で涼を求めて爽やかな沢筋へと移動する。今年は遅い梅雨明けであったが猛暑が続いたためすでに大半の個体群は沢筋に移動しているが、昨年の豪雨で倒木などが多く、沢への侵入が困難な場所が多い。沢と並行している林道では暑い日中は木漏れ日が差し込むような林道から沢への下方の下草や、山側斜面の草などに静止している個体が多く見られる。また、河原の多少広い砂場などにも降りている個体は多く、とりあえず目で探すことが第一条件である。多くの人が林道沿いの樹木の枝先などを闇雲にネットで叩いている光景を目にするが、これは場所によりきりである。舞い降りる空間、再度舞い上がる空間などはルーミスシジミ字体が判断することであるが、このような場所には多くの個体が観察眼は同じであり、溜まっている。暑い日中では陽当たりの良い枝先などに静止している個体は少ないが、基本的には陽当たりの良い場所の木漏れ日が差し込むような場所が狙い目となる。大半の林道への立ち入りは自由であるが、坂本など東大の演習林では入山許可証がないと立ち入りできない林道もあるので要注意。坂本の林道へは天津小湊駅近くに立ち入りの許可証をもらえると事務所がある。今年は雨が多かったためかマムシも多いので足元には十分な注意が必要である。

2020年8月19日 (水)

Fw:蝶屋主催蝶標本販売会。

----------------
From: 1028.kakizawa@ezweb.ne.jp
Date: Wed, 19 Aug 2020 08:25:08 +09:00
To: moblog@app.f.cocolog-nifty.com
Subject: 蝶屋主催蝶標本販売会。

今年はインセクトフェアの延期など展示販売会がほとんどない状況ですので、蝶屋では狭い店内での開催となりますが9月4日金曜日は12時から20時。5日土曜日、6日日曜日は11時から18時。3蜜を避けるため三日間開催。蝶屋の標本は希少品や珍品も多く、標本が綺麗だと評判です。同時に採集地や発生時期などのご相談もお受けできますのでお気軽にお立ち寄り下さい。皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしています。新宿区下落合4の27の5。山手線目白駅下車。改札口を背に左方向に徒歩10分。進行方向右側、下落合四丁目バス停前。蝶屋、柿澤は個人的採集、個人案内、ツアー開催など大半採集で店を留守にしており、営業日は毎週水曜日のみとなっています。お問い合わせなど連絡を取りたい時は柿澤の携帯にお願い致します。090.9209.6702

蝶屋主催蝶標本販売会。

今年はインセクトフェアの延期など展示販売会がほとんどない状況ですので、蝶屋では狭い店内での開催となりますが9月4日金曜日は12時から20時。5日土曜日、6日日曜日は11時から18時。3蜜を避けるため三日間開催。蝶屋の標本は希少品や珍品も多く、標本が綺麗だと評判です。同時に採集地や発生時期などのご相談もお受けできますのでお気軽にお立ち寄り下さい。皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしています。新宿区下落合4の27の5。山手線目白駅下車。改札口を背に左方向に徒歩10分。進行方向右側、下落合四丁目バス停前。

«キベリタテハ