« フタスジチョウ!奥只見の黒化型! | トップページ | マレーシア・ランカウイ島採集ツアー! »

2012年11月19日 (月)

マレーシア・ランカウイ島 採集ツアー!

マレーシア・ランカウイ島 採集ツアー!
今年も11月恒例のランカウイ島採集ツアー[21日〜28日]が迫ってきた。 当初、参加者は9人であったが、体調不良などで最終的には7名でのツアー開催となった。
ランカウイ島はマレーシアの玄関口、クアラルンプ―ル国際空港で国内線に乗り換え1時間弱。
成田を10:30amに出発すると7:00pm前にはランカウイ空港に降り立てる。
最初の夜は地元のレストランで、翌日からの期待感で多いに盛り上がる。
22日から27日の6日間は終日採集である。
この時期はキララシジミの最盛期で中でも希少種のファリゲやヤソダ、リベンスなどが多く、生息キララシジミ7〜8種類が全て二桁採集でき、タジリアを初め、シジミ類の希少種の採集には年間を通じて最高の時期でもある。

ランカウイ島は石垣島をひとまわり大きくした程度の島でありながら、生息種は500種類を越す密度の高い島である。
キララシジミは日本のゼフィルスに似ていて、早朝より時間差でテリトリーを張るが、ゼフィルスよりは局地的で、その場所がわからないとほとんど目撃すらできないほど難しい。
逆に時間、場所、絡む樹木を的確に把握できればある程度容易に採集可能である。
キララシジミを初め、ランカウイ島では幻の蝶とさえ言われ、ほとんど採集記録のなかったヤマネコセセリなども、習性や飛来場所などを探し出したことから容易に採集できるようになった。
ランカウイ島は人気もあり、多くの人が採集に訪れているが、珍種と呼ばれるキララシジミを初め、他種に於いても生息地、活動場所、活動時間などを把握していることにおいては誰にも負けないと自負している。
また、年末年始、2〜3月、11月と年間3〜4回は同時期に行くが、毎回初めてのネットインなどとの出会いもあり、奥の深いランカウイ島。
そんな楽しい採集のため、帰国まで私のブログは休みになるが、月末にはお土産話を楽しみにお待ち頂きたい。

また、2013年度のランカウイ島を含む年間採集予定計画もできていますので、採集ツアーに参加希望のある方はご連絡を頂ければ送付します。
採集ツアー計画送付の連絡はFAXでお願いいたします。
03*5982*1991 柿澤

« フタスジチョウ!奥只見の黒化型! | トップページ | マレーシア・ランカウイ島採集ツアー! »

お店のオススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア・ランカウイ島 採集ツアー!:

« フタスジチョウ!奥只見の黒化型! | トップページ | マレーシア・ランカウイ島採集ツアー! »