« 秋のタテハが面白い | トップページ | 忘年会 »

2021年9月16日 (木)

体が3つほしい。

年間採集種が1番多く、採集日数が1番多くなるのが5月下旬から6月である。ギフチョウ、アサマシジミ、ヒサマツミドリ、キマダラルリツバメ、ウスバシロチョウの完全黒化型、日本1大型個体、チョウセンアカシジミ、ミヤマカラスアゲハ、北海道のリンゴシジミ、チャマダラセセリ、ジョウザンシジミ、ミヤマカラスアゲハ、奄美大島のフタオチョウなどなどそのほかにも多数あり、1種類、たとえばキマダラルリツバメなどでも生息地が多数ある。神奈川、長野県、福島県などに採集地が点在し、しかも活動時間帯が大半一緒のため何処の生息地て狙うかと考えてもなかなか決めきらない状況であり、体が3つほしいと常に想っている。私の店では年間通して採集ツアーを開催しているが4月初旬から9月初旬までの土日は大半ツアーを開催しており、6月などは平日も含めツアー予定の無い日は数日あるかないかの状況である。そんな忙しい私を見定めて、柿澤が多忙で私が柿澤から依頼され、柿澤の代行ツアーを開催しています。と偽ツアーが開催されていることも事実である。

« 秋のタテハが面白い | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のタテハが面白い | トップページ | 忘年会 »