« 天敵 | トップページ | 2022年度採集ツアー。 »

2022年2月28日 (月)

ギフチョウ

寒い冬だとなぜギフチョウの発生が早いか。これは桜の開花が早いのと同じで、桜は冬の寝る時間での開花であるように、ギフチョウも寒いと完全に寝ている。暖冬だと寝たり起きたりの繰り返しで、本当に羽化して良いのかと季節が読みきれないことからのダラダラ発生となる。しかし、寒い冬を越した蛹は暖かさを2日から3日ほど感じると一斉に羽化がはじまる。ようするに蛹の目覚めが一気に始まるのだ。今年のように寒い冬を過ごすと静岡県浜松市や芝川町や神奈川県津久井町は確実に3月中旬には発生が始まる。また、新潟県山北町、弥彦、長野県下伊那郡なども発生は早く3月中旬から下旬には発生する。シーズンインを間近に控え、初見情報や各地の発生状況などきめ細かい最新情報を入手することにより無駄のない採集、採集成果をあげることのできるのが蝶屋の会員組織である。  採集友の会員。入会金3000円、年会費10000円。採集友の会員とは、柿澤とメール交換、携帯番号の交換により、各種発生地、発生個体数など発生状況等を随時メールにて情報提供。また、採集計画の採集地などの問い合わせ。採集地からピンポイントの問い合わせや転戦場所の問い合わせなどもリアルタイムで情報提供。  永久特別会員、入会金 150000円。永久特別会員とは、自動的に採集友の会員に入会、メール交換、携帯番号交換にて採集情報はその都度提供されます。私発行の関東甲信越の蝶採集観察マップなど蝶屋発行の書物は在庫分、新刊と全て進呈。特別会員はマップ記載地に記載されていない、希少種、希少生息地などはご希望により手書きマップを進呈。採集ツアーには特別会員優先なども。また、過去に関東甲信越の蝶採集観察マップを購入な方は最大5冊分、50000円まで入会金から差し引きます。採集成果をあげるべく、ご入会をご検討頂ければ幸いです。申し込みは 郵便振替 00130.8.705787 蝶屋 柿澤清美。備考欄に入会、携帯番号、メルアドを明記ください。

« 天敵 | トップページ | 2022年度採集ツアー。 »

コメント

入会希望します。3/18に入会金と年会費13000円入金しました。
ご連絡よろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 天敵 | トップページ | 2022年度採集ツアー。 »